« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

U-15深川(C):練習試合

2005年7月31日(日)午後4時(東京ガス深川グラウンド)

FC東京U-15深川 4-0(2-0、2-0、0-0) 川崎フロンターレU-15

深川で行われた一年生の練習試合。恐らく川崎も一年生と思われる。

一本目(25分)

東、武藤、永井、秋元
西松
飯田、美斉津
藤井
松藤、前岡

3分
相手DFから前岡がボールを奪いフリーの松藤へパス、松藤ドリブルからシュートを打つがGKクリア

4分 1-0
右サイドのスローインを受けた東から中の前岡へパス、前岡DFと競ってマイボールにしてシュート、ゴール

7分 1-0
右CK、ゴール前フリーで入り込んだ松藤ボレーで合わせるがゴール上

11分 1-0
右CK、前岡が競ったボールを西松が頭でシュートするがGKキャッチ

15分 1-0
相手DFのミスパスを奪った松藤が前岡へパス、前岡ドリブルで持ち込みシュートするもDFブロック

18分 1-0
東が相手クリアボールを拾いドリブルで中へ切り込み前へスルーパス、タイミング良くDF裏に抜けた前岡がパスを受けゴールに流し込むシュート打つが勢い弱くGKキャッチ

21分 1-0
川崎ドリブルからシュートもゴール上

24分 2-0
飯田の右CK、前岡ヘディングで競り勝ちゴール

二本目(25分)

東、前岡、松藤、美斉津
永井
井上、飯田、高木
碓井、上形

1分
左サイドを高木がドリブル突破しクロス入れるが中で合わず

5分
川崎がゴール前でパス交換から19がミドルシュート、ゴールポスト直撃

10分
飯田から右サイドの碓井へパス、碓井ドリブル突破しクロス、ファーサイドで上形ボレーシュートもゴール右

11分 1-0
飯田からのスルーパスを受けた碓井がドリブルからミドルシュートしゴール

22分 1-0
左サイド高木から中でフリーの飯田へパス、飯田ミドルシュートもGKキャッチ

24分 2-0
前岡パスカットし飯田へ、飯田ワンタッチで右サイドDF裏に抜けた碓井へパス、碓井ミドルシュートしゴール

24分 2-0
川崎の右サイド8がペナルティエリア内で松藤を振り切りシュート、GKキャッチ

三本目(25分)
松永
上形、武藤、貫井、秋元
西松
井上、藤井、高木
東、碓井

1分
藤井とのパス交換から碓井がドリブルシュート、GKキャッチ

3分
井上が右サイドを突破しゴール前フリーの碓井へパス、碓井ミドルシュートがゴールバー直撃

5分
東京のカウンター、碓井が相手DFを引き付けフリーの東へパス、東ドリブルでGKと一対一になるがシュートが遅れGKにブロック

11分
西松ボール奪ってスルーパス、碓井ドリブル突破しクロス、ファーサイドフリーの井上ミドルシュート打つがゴール上

12分
上形→長谷川
東→本多

13分
右CK、武藤ヘディングシュート、DFクリア

17分
西松から藤井へパス、藤井ドリブルで中央突破し左サイド本多へパス、本多シュート、GKクリア

23分
川崎のカウンター、フリーの9がGKと一対一となるが松永シュートをブロック

中盤の動きの質で東京が圧倒。もちろんチーム作りの速さの違いがあるとは思いますが、連携、寄せの速さ、球際の強さなど、今まで見た試合の中では一番良かった。とりあえず安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

U-18(A):TFA T1リーグU-18 2005第9節

2005年7月18日(月)午後3時(アミノバイタルフィールド)

FC東京U-18 3-0(前半0-0) 都立久留米高校

先発
田端
恩田、田中達、伊藤、森村
井澤、中野
村田、大竹
金森、永露

前半5分0-0

前半10分0-0
風下の東京がボール支配上回るが守備崩し切れず

前半20分0-0
相変わらず崩し切れないもどかしい展開

前半25分0-0
給水タイム。連戦の影響かさすがに動きにキレが足りない
特に前線でボールが納まらない

前半30分0-0
村田が永露とのワンツーで抜けてシュートもGKキャッチ
村田は今日も調子いいが久留米も守りが固い

前半40分0-0
相変わらずの展開。前半はこのままか…

前半終了0-0

久留米の集中した守りを崩せず。東京は明らかに養和戦より状態が落ちている
このままでは引き分け必至の流れ。ここで引き分けては養和戦勝利の価値がなくなってしまうだけに
選手、ベンチはどう手を打ってくるか?

ボール支配は6:4で東京も、ラインを下げてゴール前固められているためスペースなく、有効なシュートが少ない
もっとボールを動かして、セットプレーも増やしたいところ

後半開始
井澤→城間

後半8分0-0
久留米警告二枚目で退場

後半10分0-0
後半立ち上がりは久留米ペース。大竹の突破から得た数的優位をどう活かすか

後半14分1-0
久留米陣内のパス交換からゴール前に入った森村へ中野が浮き玉のパス
森村GK出てくる一瞬前に触り、ゴール

後半20分1-0
一点入り双方集中のレベルがやや下がった感。追加点が入りそうであり、取られそうでもある

後半22分1-0
恩田→稲葉

後半25分1-0
金森→常盤

後半30分2-0
東京のゴールキック、前線で常盤が頭で永露へ、永露ワントラップしてからDF裏に抜けた常盤へ
リターンパス、常盤GKとの一対一を冷静に決めゴール

後半35分2-0
中野→宮阪

後半40分2-0
森村→蓮見
試合のペースを握れているので、そのまま逃げ切れそうだが…

後半44分3-0
永露がプレスかけ奪ったボールがカウンターとなり、村田から永露、永露GKをひきつけゴール前フリー
の常盤へパス、常盤難なく決めてゴール

試合終了3-0

正直あまりいい内容ではないが、今は結果が大事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日)

U-15むさし(A):練習試合

2005年7月17日(日)午後1時(東京学芸大学総合グランド)

FC東京U-15むさし 3-0(前半1-0)JACPA東京

引き続き行われたU-15むさしの練習試合

先発
安才
内田、斉藤、梅内
郡、山口隼
年森、武田、山口潤
稲垣、重松

前半15分 1-0
東京のカウンター。左サイドから山口潤がクロスを上げゴール前の年森を経て右サイドフリーの稲垣へ。
稲垣シュート、ゴール

前半25分 1-0
内田→碓井

前半26分 1-0
斉藤→山元

一試合目に比べ動きは改善されたが、シュートやラストプレーでの正確性を欠き、一点に終わる

後半
安才
山元、山元、梅内
山口隼、松本
年森、武田、稲垣
重松、山口潤

後半5分 1-0
山口潤→斉藤

後半10分 1-0
年森→内田

後半27分 2-0
ゴール前でパス交換後、左サイドから稲垣がクロス、重松が落とし武田が拾ってドリブルシュート、ゴール

後半29分 3-0
DF裏に抜けた重松に武田がスルーパス、重松がボールキープしている間にオーバーラップした斉藤へパス。
斉藤がシュート、ゴール

一試合目よりは、連携は良くなったがパスの正確性はまだまだ。
でもこの気候では仕方ないかもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-15むさし(A):練習試合

2005年7月17日(日)午前11時30分(東京学芸大学総合グランド)

FC東京U-15むさし 6-0(前半3-0)東京久留米FC

薄曇で弱風。耐え難いほどの蒸し暑さの中で行われたU-15むさしの練習試合

先発
河田
郡、山元、角田
年森、吉武
内田、碓井、松本
重松、山口潤

前半20分 1-0
松本がDF裏へ浮き玉のパス、飛び出した山口潤がGKとの一対一を決めてゴール

前半21分 2-0
東京のクリアボールがDF裏に抜けたところを受けた重松がドリブル、GKとの一対一を決めてゴール

前半30分 3-0
郡が右サイドからドリブルでオーバーラップ、内田とワンツーのリターンパスを受け中の年森へパス。
年森ドリブルでペナルティエリア内へ切り込みシュート、ゴール

後半
河田
郡、山元、角田
碓井
松本、武田
梅内、山口隼
重松、山口潤

後半4分 4-0
武田がDF裏に抜けた山口潤へパス、山口潤ドリブルで持ち込み左サイドからクロス、ファーに流れたボールを
梅内が折り返し、山口隼がシュート、ゴール

後半16分 4-0
重松→稲垣

後半26分 5-0
左サイドから山口隼がクロス、ファーサイドで稲垣がボレーシュート、ゴール

後半29分 6-0
左サイドから山口隼がクロス、ファーサイドで梅内がシュート、ゴール

立ち上がりは久留米に球際で競り負ける場面が目立ち、連携やパスの正確性の点でも精度を欠いた。
後半は多少良くなったものの、もっと意識を高く持って欲しいと感じる。もっともこの気候では集中を欠くのも
無理はないか…

目に付いたのは山口潤、山口隼、重松の技術の高さとファイター年森のコーチング。他の選手を叱咤するコーチングが出来る年森のキャラクターは、U-18、深川を通しても貴重かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

U-18(A):TFA T1リーグU-18 2005第8節

2005年7月16日(土)午後3時(アミノバイタルフィールド)

FC東京U-18 4-1(前半4-0) 三菱養和ユース

先発
田端
恩田、田中達、伊藤、森村
井澤、中野
村田、大竹
金森、永露

晴れ、やや強風。蒸し暑いが風がある分先週より凌ぎやすい

前半5分0-0
東京積極的にプレー。試合の入り方はいい

前半10分0-0
東京は風下ながら引き続き積極的にプレー。

前半15分0-0
東京ショートコーナーから永露切り込みシュートの決定機も防がれる。惜しい

前半18分1-0
右サイド永露とのワンツーで抜けた恩田のクロスをゴール前フリーの大竹が頭で合わしゴール

前半20分1-0
二、三回あった決定機を外しいやな流れになりかけたところで大きい先制
ピンチもほとんどなく、いい流れ

前半25分1-0
風下ながら引き続き養和陣内でプレーがつづくいい展開。ここで追加点がほしい

前半30分2-0
右サイド村田のクロスを養和がクリアミス、井澤、大竹がつないで金森が密集の中からシュートし、ゴール
いい時間帯の追加点

前半35分2-0
引き続き東京優勢

前半38分3-0
伊藤の前へのヘディングクリアに反応しDF裏に抜けた村田がGKとの一対一を冷静に決めゴール

前半40分4-0
右サイド井澤が粘ってエリア内へ持ち込み永露へパス、永露シュートしGKのニアを抜いてゴール

前半終了4-0
立ち上がりから積極的なプレーを見せた東京が試合の主導権を握る。5分毎に決定機を迎えるも得点できなかったが
いい時間帯に先制するとその後もチャンスを確実に決め、まさかの4得点を上げる
養和は風上にもかかわらず攻撃の狙いが定まらず、終盤シュートがバーを叩くシーンがあったが全体的には散発な攻めに終始した

東京は伊藤、村田、永露ら三年が好調。特に村田は縦横無尽に動き東京のボール支配を優位にさせた
恩田、井澤は立ち上がり不安定だったがともにゴールアシストを決め、その後は落ち着いたプレーを見せた
とにかく非の打ちようのない前半

後半開始
東京は選手交代なし。後半は東京が風上

後半5分4-0
立ち上がりから前がかりとなる養和。FKがバー直撃となるピンチもあり。東京はカウンター狙い

後半10分4-0
引き続き養和攻勢。東京はボールキープできないが伊藤、森村が体を張って守りシュートさせない

後半15分4-0
東京中盤のプレス甘くなり養和にボールキープ許す、がちょっと盛り返してきた

後半18分4-0
永露→常盤

後半20分4-0
東京疲れてきたが守備の集中切れない。養和の攻勢もやや衰える

後半25分4-0
双方前への蹴りあいとなる。一番苦しい時間帯か

後半30分4-0
井澤→宮阪

後半32分4-0
金森→蓮見

後半35分4-0
再び蹴りあい。養和も集中切れてきた

後半37分4-0
森村→金

後半40分4-0
養和再び盛り返すがラストプレー不正確、かつ東京守備陣の集中切れない

後半42分4-1
東京ゴール前のFK、一瞬集中切れたところを蹴り込まれ失点

後半44分4-1
大竹→小川

試合終了4-1

T1リーグ首位奪還!またプリンスリーグが見えてきた!
前線と中盤で精力的に動き攻撃のリズムを作った村田と、最終ラインで90分間声を出し続け、
チームの集中を切らさなかった伊藤ら三年生の頑張りが光った試合でした。
この三年生達が後輩達にプリンスリーグ昇格という遺産を残していってくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

U-18(A):TFA T1リーグU-18 2005第7節

2005年7月10日(日)午後3時(アミノバイタルフィールド)

FC東京U-18 1-1(前半0-0) 国士舘高校

先発
田端
恩田、田中達、伊藤、森村
中野、蓮見
稲葉、大竹
永露、金森
見ているだけで汗が止まらない、例えようもなく蒸し暑い環境

前半10分0-0
互角からやや東京優勢の状況
大きなサイトチェンジを受けた左大竹のクロスから永露のシュート、
DF裏に抜けGKもかわした中野のシュートなど、決定機もあり

前半20分0-0
永露決定機外すが積極姿勢は評価。中盤は早くも動きに鈍さが

前半30分0-0
双方決定機迎えるも決められず。ボール支配は東京優勢

前半40分0-0
双方縦へのパス目立つ
カウンター抜け出た金森をエリア外で倒してしまい国士館高校GK退場

前半終了0-0
ロスタイム、右サイド稲葉のクロスをゴール正面でフリーの金森が
ドンピシャのヘディングで合わすもGKが反応良くパンチしゴールならず

後半開始
金森、蓮見→常盤、宮阪
後半は風上、風が多少出てきてほんの少し凌ぎやすくなった

後半7分1-0
右サイド稲葉とのワンツーで抜け出た中野のクロスを
ゴール正面走り込んだ永露が頭で合わせゴール

後半10分1-0
後半立ち上がり立て続けに迎えた決定機を四回目にやっと決める
その後も東京優勢に推移

後半20分1-0
稲葉→村田
10人の国士館高校の右サイドにできるスペースを使い攻めるがあと少しつめられず
宮阪直接FK、バー直撃もあり

後半24分1-1
FKを頭でつながれ一瞬マークが甘くなったところをミドルシュート撃たれ失点
恩田→小川

後半30分1-1
国士館高校盛り返し、双方攻め合い

後半35分1-1
宮阪→樋口

後半40分1-1

試合終了1-1

チャンスを決められないとこうなるという典型的な試合
選手個人の技術では優位に立っているのに、安易な精神論には走りたくないが、やはり気持ちが重要であること実感。リーグ開幕以来の首位から陥落し、プリンスリーグ昇格に黄信号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

U-18(A):TFA T1リーグU-18 2005第6節

2005年7月3日(日)午後3時(アミノバイタルフィールド)

FC東京U-18 2-2(前半2-0) 都立駒場高校

先発
廣永
小川、恩田、伊藤、森村
中野、蓮見
稲葉、村田
金森、永露
東京ボールでキックオフ

前半10分0-0
早い、というか落ち着かない展開。双方決定機一回づつあり

前半20分0-0
早く前にボールを運ぶ駒場高に東京はペースをうまく作れない

前半30分0-0
双方ミスの少ない、息の抜けない展開
駒場高の詰めの早さ、ポジショニングの的確さに東京は良さを消されている

前半39分1-0
東京の波状攻撃、こぼれ玉を森村が低いミドルシュートでゴール

前半43分2-0
カウンター、伊藤のクリアを受けた永露がドリブルし中の金森へパス、金森GKとの一対一を決めゴール
村田負傷退場→金

前半終了2-0
駒場高はとても正確なプレー、的確な動き、位置取りができる好チーム。正直、前半二点リードできるとは思わなかった
ただサッカーにおいて2-0がいかに危険な点差か、セーフティリードといえるかどうか、
東京サポは誰よりも良く知っている……

後半開始
金森→樋口

後半4分2-1
東京CKからの駒場高のカウンター、廣永飛び出すもかわされ無人のゴールにシュートで失点

後半10分2-1
ほぼ互角の展開

後半12分2-1
小川→大竹

後半20分2-1
大竹投入で左サイド活性化も全体的には互角
天候は雨に

後半30分2-1
東京にミス目立ち、ラインもずるずると下がる
昨日のセレッソ大阪戦のような…

後半40分2-1
ペースは駒場高。東京は紙一重でしのぐ場面も

後半41分2-2
中盤でパスカットされ、左サイドからクロス気味のシュートが決まり失点

試合終了2-2

プリンスリーグ昇格には痛い引き分け
特にミスからの一失点目が悔やまれる。駒場高はいいチームでした。

東京は村田の負傷退場で攻撃のリズムを失った。金森のシュートセンスの高さを確認できたのが個人的な収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »